ロゴ

挙式後は披露宴や二次会を利用して新郎新婦と楽しもう

>Topics>挙式の後は披露宴や二次会でお祝いしよう!

披露宴や二次会で盛大にお祝い

結婚式では多くの人が新郎新婦を祝福するために足を運びます。そのため、結婚式自体が完了しても、披露宴や二次会などがおこなわれます。そこでは様々な料理が提供されたり、余興を楽しむことができます。

披露宴や二次会で行われる余興の種類

  • スピーチ
  • 映像演出
  • ダンス
  • 歌や演奏

披露宴は前半と後半に分かれている

多くのお客さんをおもてなしする披露宴では、様々な余興や催しがあります。そのため、プログラムの流れにもよりますが、約2時間から3時間とされています。そのため、前半と後半に分けて、お客さんにも休憩する時間が挟まっていることがあります。また、鶴岡八幡宮などで神前式を行う時もプログラムが決まっているので確認しておくと良いでしょう。

披露宴の流れを知っておこう

花嫁と両親

会場へ入場する

会場にはまず親族や友人が入場します。その後に、新郎新婦の入場になります。そのため、ゲストの入場が完了しなくては披露宴は始められないともいわれています。

新郎新婦から挨拶

プログラムの最初は新郎新婦からの挨拶になります。来てくれたゲストへの感謝などをおりこんだ挨拶が多いです。

ウェディングケーキの入刀

披露宴のメインともいえるのがケーキ入刀になります。最近では入刀するとアクションが起こるサプライズがされていることが多いです。

家族や友人からの余興

後半には親族や友人からの余興があります。ダンスであったりビデオレターであったりと種類も様々ですが、多くがサプライズでおこなわれます。

両親への感謝の手紙

披露宴の最後は、新婦からの両親への感謝の手紙です。これまでの感謝を手紙に綴り、伝えることで新たな旅立ちにもなります。

挙式の後は披露宴や二次会でお祝いしよう!

指輪交換

披露宴は挙式プランに含まれていることが多い

新郎新婦が最高の挙式を挙げることができるように、会場にいるスタッフは様々なプランを用意してくれます。その中には、参加する家族や友人知人などを喜ばせる披露宴が含まれていることが多いです。

広告募集中